ローストビーフ

イギリスの伝統的な料理であるローストビーフ。

最近では様々なレシピが紹介されて、日本の家庭でも作られるようになってきました。

イギリスの食文化は日本とは大きく異なり、ストレートな味付けとシンプルな料理方法が多いものです。

ローストビーフは牛肉の塊に下味をつけて、オーブンなどの料理器具で蒸し焼きにするという、大変シンプルな料理です。

イギリスの家庭では、このローストビーフを薄くスライスして、ポテトにクレソン、ホースラディッシュをなどを添えて、

グレービーソースでいただく、ワンプレートの食事は非常にメジャーなものです。

日本だと、ローストビーフは特別な日に作る事が多いでしょう。

日本は牛肉の値段が高く、大きなお肉を購入する習慣も海外ほど広まっていませんからね。

日本の家庭にもオーブンが普及し、食事内容も欧米化が進んだことで

、ローストビーフをはじめとするお肉料理も家庭で作られるようになってきたのでしょう。

ちなみに、ローストビーフに使う牛肉は、和牛のような適度な脂がのっているものよりも、

アメリカやオーストラリア牛の赤身の方が適していると言われています。

調理方法と材料はその土地の文化などに沿って発展してきたのですね。

Comments are closed.