ロールキャベツ

ロールキャベツは、豚や牛のひき肉を調味したものを、茹でたキャベツでくるんで煮込んだものですが、

こういった形の料理は世界各国に存在します。

中身のお肉にお米を加えたり、ザワークラウトが入ったりと、その国・地域で違いはありますが、

キャベツでくるんで煮たり焼いたりする、調理方法はほぼ同じです。

呼び名もcabbage rollやstuffed cabbageとされていて、ロールキャベツは和製英語で、日本で独自に発展した洋食のカテゴリに入るものです。

海外に日本のロールキャベツとよく似たものはあっても、全く同じものはないのです。

特に、かんぴょうで巻く方法は、海外では見られないものです。

おでんの具として親しまれてもいますし、和の食文化であるおでんとの融合は、他に例を見ないものでしょう。

おでんに合う料理であるのも、日本で発展したロールキャベツならではかもしれませんね。

調味の基準は特にないので、トマトベースのモノであったり、ホワイトソースのモノであったり、デミグラスソースを好む人もいますね。

時には醤油やウスターソースで調味している家庭もあるのではないでしょうか。

あなたが思い浮かべるロールキャベツは何味ですか?

Comments are closed.