ローストチキン

ローストチキンはイギリスではポピュラーな肉料理ですが、鶏を一羽、まるごとロースターで焼いたものや、

オーブンで蒸し焼きにしたりするなど、その調理方法は様々です。

鶏をまるごと使うことで、旨みが逃げにくく色々な部位の味わいを楽しむことができます。

クリスマスなどにメインディッシュとして食卓に並ぶことも多いのですが、

北欧では鳥よりも七面鳥、ヨーロッパではガチョウがローストチキンの材料となる場合があるようです。

日本では、なかなか手に入らない食材ですね。丸焼きにする場合は、内臓などが取り除かれているため、

その部分に詰め物をしないと身が縮んでしまいます。それを防ぐために、野菜やお米、刻んだパンなどを入れます。

その詰め物も、お皿に彩りを提供してくれます。鶏をまるごと調理することが少ない日本の家庭では、鶏の骨付きもも肉を利用して、

ローストチキンを作ることも多いでしょう。下味をつけて、オーブンに入れて焼くだけで簡単に作ることができ、ボリュームのある見た目で、

目にも味にも楽しませてくれる一品となってくれるでしょう。特別な日にローストチキンに挑戦して見てはいかがでしょう。

Comments are closed.