とんかつ

日本で愛されているとんかつの歴史は古く、明治初期の文献に紹介されているほどです。

当時は、牛肉を使用したソテーするカツレツがレシピとして紹介されていたようですが、

その後牛ではなく豚を使用し油で揚げる、ポークカツレツが主流となり、とんかつが確立されていきました。

使われる豚肉はロースやヒレと言った、適度に脂身のあるお肉が美味しいとされ、

塩コショウといった下味をつけ、小麦粉・卵・パン粉をつけて、油でからりと揚げれば出来上がりです。

調味はシンプルな料理ですが、長く日本人に愛されてきた料理ですね。

とんかつを更に調理したかつ丼や、カレーの上に豪快にとんかつをのせるカツカレーも人気ですね。

名古屋では味噌カツ、石川ではソースかつ丼、その他エスカロップやトルコライス、かつめしなど、

地域によって発展しているとんかつも多く、日本各地で少しずつ形を変えて溶け込んでいった、

応用性の高い料理の一つでもあります。とんかつ専門のファミリーレストランも多く、

日本人にとっては親しみの深い肉料理の一つだと言えそうですね。

何かに勝ちたいときのゲン担ぎとして食べた記憶もあるのではないでしょうか。

Comments are closed.